プログラミング 独学

プログラミング初心者だった私がどこかで教育も受けず独学でプログラミングを身に着けた方法をお伝えします。


プロがあなたの正社員就職を無料相談でサポート!

私は文系の大学出身なのに、なんの因果か真逆の業界である”IT業界”で生計を立てています。

 

大学卒業後、入社した最初の会社で他の人よりパソコンが使えるから・・・という理由だけで、
社内の情報を取りまとめているサイトの更新を1人で任されて、その流れでJavascriptやVBAというプログラミング言語を独学で身につけてきました。

最後には、プログラミングの専門学校に行った人からも「書いてある内容が難しすぎる・・・」と言われるくらいのスキルを身につけることが出来ました。

 

今回はノンプログラマーからプログラミングを独学で学んだ私が、オススメする初心者が独学する方法をお伝えしていきます。

プログラミング 独学 初心者

プログラミングといっても数多くの言語が存在します。

 

Ruby、C言語(C++など)、C#、
Perl、PHP、Java、Javascript・・・VBAなど。

 

結局どれがいいの?!って思っちゃいますよね。

何をしたいか?で学ぶ言語は変わってきますが、今までプログラミング言語を学んできたことがないと、いきなりJavaやC言語を学ぶと多分、混乱してしまって途中で挫折する可能性が大です。

 

 

私がプログラミングを学ぶ際の気を付けていることは、「どんな言語でもいいので、まずは動くものを簡単に使えるものを選ぶ」ということです。

自分が作ったものが動いた!これって感動モノなんですよね。

 

でも動くためにプログラミングを半年間もやって、やっと動きました!っていうのでは遅すぎるので、早めに体験するためにも初心者の方が実践するのであれば

 

Pythonや

Javascript

 

がいいですね。

 

 

理由としては就職する際に、ニーズが高く年収が高くなる可能性があり、

それでいてプログラム言語としても、難易度低めで、すぐに作ったものをが動くを体感できるからです。

 

特にPythonは、今流行りの人工知能などを作っているベース言語でもあるので、
大手のニーズが高いです。

 

プログラミング 独学 本

最近は、日本の国自体が将来のプログラマーのニーズを考えて、
小学生からプログラミング教育を始めています。

私が子供の頃には考えられないほどの変化ですね。

 

 

プログラミングを始めようと考えた時、

プログラミング 独学 本でできるのか?

というのが知りたいことではないでしょうか?

 

 

結論からいうと・・・本での独学は可能です。

 

先ほどご紹介したプログラミング言語Pythonであれば
こちらの書籍が学び始めるのに最適です。


みんなのPython 第4版

 

 

私もプログラミングの書籍を読んで学習しつつ、

Google検索でひたすら検索して出てきた
プログラミングのサンプルを
繋ぎ合わせてツールを作っていました。

 

 

でも、この方法の難点は
一つの作品が出来上がるのに時間が掛かりすぎることです。

 

 

プログラミング初心者が独学を行うと
どうしても基礎ができていないので、
1つのコードを書くだけでもかなりの調査、
検索が必要になってくるんです。

 

 

なので、
可能であれば基礎コースだけでもいいので
プログラミング教室で学ぶことで、
ある程度スラスラとコードを書けるようになります。

 

 

↓こちらなんか人気のプログラミング教室です

プログラミング 独学 期間

プログラミング 独学 期間ですが、
どの程度学べばコードを書けるようになるかは
人によって個人差がありますが

 

 

大体3ヶ月の間、毎日なんらかのコードを書く。
最初は本に書いてあるコードをそのまま真似して書く。

動くか動かないかチェックして
動かない場合は修正、修正を繰り返す

1〜3冊くらいの書籍にかかれているコードを書いたら、
次は、自分の中でこんな動きもできるのでは?!とイメージが出来ていると思うので

それを実現するために調べてコードを書く

動くか動かないかチェックして
動かない場合は修正、修正を繰り返す

 

 

この流れを実践することが出来れば、
3〜6ヶ月ほど会社に就職しても
十分役立つレベルのスキルを身につけることが出来ます。

 

やっていることは地味ですが、
ぜひチャレンジしてみてください。